高品質の胡蝶蘭は「胡蝶蘭園.com」にお任せください!

用途別の贈り方マナー

胡蝶蘭を贈るタイミングについて

胡蝶蘭を贈るタイミングについて 開店や開業、設立のお祝いは、一般的にその当日に胡蝶蘭を贈るのがベストなタイミングです。
しかし、慌ただしくなりがちな開店開業日ですので、ご相談の上で日程を調整するのもひとつの気遣いでしょう。
また、特に開店開業前の場合には、ご不在でお花を受け取れなかったというケースも多いので、事前の打ち合わせは必ずお済ませの上でご注文ください。

就任祝いや栄転祝いについても、一般的に就任日、栄転日に贈ります。
ご就任が事前発表されたり、確実な場合はそれ以前に贈る場合もありますが、事前に贈る場合は会社宛てではなく、ご自宅に贈ることで、前任者にも気を配ることができます。

一般的に贈り物をする日は日柄の良い日(例えば大安)を選びますが、お祝い日当日が仏滅など日柄が悪い場合、お受取りになられる方とご相談できるのであれば、日時を調整するなどした方がよろしいかと思います。
最近では六曜を迷信と捉えて気にされない方も増えてきましたので、必ず避けた方も良いということもございません。
納期を優先するか、お日柄を優先するかは最終的にはお届け先様とご注文者様の判断になります。

胡蝶蘭を贈るタイミングが遅れてしまった場合、遅れたことをお詫びするメッセージをお祝いの言葉と一緒に添える配慮を加え、できるだけ早く贈るようにしてください。

ページトップへ