高品質の胡蝶蘭は「胡蝶蘭園.com」にお任せください!

胡蝶蘭の贈り方

胡蝶蘭の贈り方

胡蝶蘭の贈り方

胡蝶蘭を贈る際、気を付けるべきポイントがいくつかあります。
ここではそのマナーやルール、注意点などを各ポイントごとに分けてご案内いたします。

ご留意いただきたいのは、一般的なマナーはありますが、ギフトの場合第一に考えなければいけないのはお届け先のご都合だということです。

例えば、贈るタイミング。
開店祝いの場合は開店日当日、お誕生日祝いや就任祝いの場合にはその当日に贈るのが良いとされていますが、状況によっては贈る日を前日や後日にずらした方が喜ばれる場合も有ります。
開店や移転の当日は慌ただしくなる場合が多いので、ご相談の上で前日や数日前に贈ったり、あるいは開店後数日置いてから贈ることで相手にとっても負担が少なく受け取る事ができます。

上の例に限らず、贈るシーンに合わせたマナーは色々ございます。様々なシーンにご利用いただける胡蝶蘭だからこそ、場面や贈り先に合わせた配慮が必要になってきますので、ぜひご一読の上でお贈りください。




胡蝶蘭を贈る際の注意点・マナー

お祝い用として胡蝶蘭を贈る場合

お悔み用・仏事用として胡蝶蘭を贈る場合


胡蝶蘭を贈る際に必要な情報

胡蝶蘭を贈る際に必要な情報

運送会社の配達伝票には以下の情報が必要となります。胡蝶蘭を贈る際にはご準備ください。

送り主様(注文者様)の必要な情報
【個人名】(会社名義で送られる場合は不要)
【会社名】(個人で送られる場合は不要)
【ご住所】
【電話番号】

受け取り主様(お届け先様)の必要な情報
【個人名】(会社名義へ送られる場合は不要)
【会社名】(個人へ送られる場合は不要)
【ご住所】
【電話番号】

ご住所は丁目以下や部屋番号の記入漏れにご注意ください。住所に不備がある場合、ご希望の日時に配送できない可能性があります。
明らかな記入漏れは弊社担当よりメールかお電話にて確認のご連絡をいたしますが、あらかじめご確認いただきますようお願い申し上げます。

ご注文者様のご住所につきましても、住所に不備がございますとご請求書や領収書がお届けできませんので、正確にご記入くださいますようお願い申し上げます。


冬季期間中に注意が必要な場所

冬季期間中に注意が必要な場所

11月1日から3月31日までの冬季期間中の胡蝶蘭の配達に当たり、注意が必要な地域をご案内いたします。

胡蝶蘭を冬季期間中に配達する際は、カイロなどの保温対策をした上で出荷させていただいておりますが、胡蝶蘭の凍結する可能性がございます。特に北海道や東北地方の寒冷地や、本州におきましても気温が氷点下になる地域に配達する場合は注意が必要となります。


●冬季期間中の胡蝶蘭の配達で注意が必要な地域



冬季期間中の胡蝶蘭の配達で注意が必要な地域 【北海道】

【東北地方】

【島根県】(隠岐郡)

【長崎県】(一部地域)

【宮崎県】

【鹿児島県】

【沖縄県】(一部地域)

【伊豆諸島】

【小笠原諸島】



気温が低くなる北海道及び東北地方、それから配達に2日以上かかる九州や中国地方の一部、沖縄県や離島も注意が必要となります。

また、これ以外に寒波や寒冷前線により急激に気温が下がった場合では、本州でも配送をお断りすることがございます。胡蝶蘭は寒さにとても弱い植物ですので、長時間寒さにさらすことができません、予めご了承ください。

冬季期間中の寒冷地及び気温が氷点下になる地域への配達は、万一の凍結リスクについて、お客様のご同意が必要となります。

また、普段凍結リスクがない地域におきましても、寒波などが到来し、その時の気温によって注意が必要な場合もありますので、ご心配の場合はどうぞお気軽にご連絡ください。
フリーダイヤル:0120-611-087

立札・メッセージカードの書き方

立札・メッセージカードの書き方

当店で胡蝶蘭をお買い上げいただいた方には、贈答用の立札やメッセージカードの無料添付サービスを行っております。
ただし、立て札やメッセージカードのサイズ指定は対応できかねますのでご了承ください。
※オプションとして木目調の立札もございます(別途1,000円が掛かります)。


立札の書き方詳細 立札記入例
■立札の送付先の記入について

立札には通常、贈り主様のお名前のみを記載しますが、特にご希望があれば、お届け先様のお名前も記入することができます。
ただし、立札の大きさは変わりませんので、記入する文字が小さくなります。
お届け先様の会社名の長さなどによっては、代表者様のお名前のみの記載とするなどの工夫も必要となります。

■立札の英語の使用について

立札は基本的には縦書きで記載しますが、会社名やお名前を英語表記で記入される場合には、横書きで対応させていただく場合もございます。
全体的なバランスを見ながらの判断となりますが、できる限りご希望に添えるようにいたしますので、お気軽にご相談ください。

メッセージカード記入例

◎立札記載内容―ご記入欄の書き方


立札にはご依頼主様(ご注文者様)のお名前を記入するのが一般的となっております。
記載方法に迷いましたら、お気軽にお問い合わせください。
※立札の記載内容につきましては、カートへお進みいただいた後に記入していただきます。


ご記入欄の書き方

◎お祝い事例

立て札記載意味立て札記載意味
□上場株式上場のお祝い□御金婚結婚50年目祝い
□御就任役員等への御就任のお祝い□○○記念例:出版記念
□御移転移転祝い□御当選御当選のお祝い
□御開設新事務所・事業所設立・事業部□御出演御出演のお祝い
□御開院病院の開業祝い□千秋楽千秋楽のお祝い
□御開業新しく事業や商売を始めるお祝い□還暦数え61歳のお祝い
□御設立組織・施設・制度などを新しく作ったお祝い□古希数え70歳のお祝い
□御開店お店の開店祝い□喜寿数え77歳のお祝い
□○周年設立創業○周年□傘寿数え80歳のお祝い
□御新築建築物の新築のお祝い□半寿数え81歳のお祝い
□御落成建築物の落成のお祝い□米寿数え88歳のお祝い
□御成婚結婚のお祝い□卒寿(鳩寿)数え90歳のお祝い
□御出産出産祝い□白寿数え99歳のお祝い
□御結婚○年目結婚○年目祝い□百賀数え100歳のお祝い
□御銀婚結婚25年目祝い□以降百一歳の祝い・百二歳の祝い・・とお祝いします



ページトップへ